とんがり度簡易診断ツールあなたの
“とんがり度”は?

  • Q1.目の前の仕事をこなす前に、その全体像が見えないと気持ち悪い

  • Q2.顧客に面倒くさがられるほど、顧客の課題について考えてしまう

  • Q3.いつも上司や周囲から、もっと常識的に考えたらとたしなめられる

  • Q4.計画するのもそこそこに、即実践してみないと気がすまない

  • Q5.AかBかでは解決できないようなモヤモヤする問いにワクワクする

  • Q6.譲れないポイントではコストも度外視して、出来映えにこだわる

  • Q7.やめろといくら言われても、信じた可能性ならどこまでも追いかける

診断結果

あなたの”とんがり度”は
点(28点満点)
です。

  • とんがり度 ◎(24ポイント以上)=スーパーとんがりビト
  • とんがり度 ○(20〜23ポイント)=とんがりビト
  • とんがり度 △(19ポイント以下)=もう少しとんがってもいいかも!

“とんがり度”の高い人は、一般的な組織の中ではあまり歓迎されていないかもしれません。

なぜなら「めんどうくさい」人と見られがちだから。しかし、先の見えない現代の閉塞感を打ち破る先駆けができるのは、従来のやり方にとらわれることもない、このような人たちに他なりません。

“とんがりビト”の特長は、以下のように表現することができます。さまざまな”とんがり”の特長を、チーム内でかけ合わせることで、飛躍的なエネルギーや結果を導き出せる可能性も高まります。

1. 鳥の目で本質を捕まえる

このタイプは、物事の全体像を大雑把に把握した上で、その本質を見極めることが得意です。

2. 顧客の困り事に応えきる

このタイプは、自分たちの届けられる価値とお客様の求めていることの接点を常に探すことが得意です。

3. 常識を超え発想を飛ばす

このタイプは、考え方を固定せず、どうすればもっと面白くやれるかを見つけることが得意です。

4. トライ&エラーから学ぶ

このタイプは、実際にやってみて、その結果から素早く学んで前に進むことが得意です。

5. 葛藤を喜んで引き受ける

このタイプは、シロかクロか決めてしまうよりも、両方の可能性を粘り強く探ることが得意です。

6. プロのスゴ技にこだわる

このタイプは、自分たちの独自性を中途半端にせず、とことん突き詰めることが得意です。

7.成功するまでやり続ける

このタイプは、自分たちのやることの価値を信じ、他からの批判も恐れずに結果を出すことが得意です。

診断結果

あなたの”とんがり度”は
点(28点満点)
です。

  • とんがり度 ◎(24ポイント以上)=スーパーとんがりビト
  • とんがり度 ○(20〜23ポイント)=とんがりビト
  • とんがり度 △(19ポイント以下)=もう少しとんがってもいいかも!

“とんがり度”の高い人は、一般的な組織の中ではあまり歓迎されていないかもしれません。

なぜなら「めんどうくさい」人と見られがちだから。しかし、先の見えない現代の閉塞感を打ち破る先駆けができるのは、従来のやり方にとらわれることもない、このような人たちに他なりません。

“とんがりビト”の特長は、以下のように表現することができます。さまざまな”とんがり”の特長を、チーム内でかけ合わせることで、飛躍的なエネルギーや結果を導き出せる可能性も高まります。

1. 鳥の目で本質を捕まえる

このタイプは、物事の全体像を大雑把に把握した上で、その本質を見極めることが得意です。

2. 顧客の困り事に応えきる

このタイプは、自分たちの届けられる価値とお客様の求めていることの接点を常に探すことが得意です。

3. 常識を超え発想を飛ばす

このタイプは、考え方を固定せず、どうすればもっと面白くやれるかを見つけることが得意です。

4. トライ&エラーから学ぶ

このタイプは、実際にやってみて、その結果から素早く学んで前に進むことが得意です。

5. 葛藤を喜んで引き受ける

このタイプは、シロかクロか決めてしまうよりも、両方の可能性を粘り強く探ることが得意です。

6. プロのスゴ技にこだわる

このタイプは、自分たちの独自性を中途半端にせず、とことん突き詰めることが得意です。

7.成功するまでやり続ける

このタイプは、自分たちのやることの価値を信じ、他からの批判も恐れずに結果を出すことが得意です。

診断結果

あなたの”とんがり度”は
点(28点満点)
です。

  • とんがり度 ◎(24ポイント以上)=スーパーとんがりビト
  • とんがり度 ○(20〜23ポイント)=とんがりビト
  • とんがり度 △(19ポイント以下)=もう少しとんがってもいいかも!

“とんがり度”の高い人は、一般的な組織の中ではあまり歓迎されていないかもしれません。

なぜなら「めんどうくさい」人と見られがちだから。しかし、先の見えない現代の閉塞感を打ち破る先駆けができるのは、従来のやり方にとらわれることもない、このような人たちに他なりません。

“とんがりビト”の特長は、以下のように表現することができます。さまざまな”とんがり”の特長を、チーム内でかけ合わせることで、飛躍的なエネルギーや結果を導き出せる可能性も高まります。

1. 鳥の目で本質を捕まえる

このタイプは、物事の全体像を大雑把に把握した上で、その本質を見極めることが得意です。

2. 顧客の困り事に応えきる

このタイプは、自分たちの届けられる価値とお客様の求めていることの接点を常に探すことが得意です。

3. 常識を超え発想を飛ばす

このタイプは、考え方を固定せず、どうすればもっと面白くやれるかを見つけることが得意です。

4. トライ&エラーから学ぶ

このタイプは、実際にやってみて、その結果から素早く学んで前に進むことが得意です。

5. 葛藤を喜んで引き受ける

このタイプは、シロかクロか決めてしまうよりも、両方の可能性を粘り強く探ることが得意です。

6. プロのスゴ技にこだわる

このタイプは、自分たちの独自性を中途半端にせず、とことん突き詰めることが得意です。

7.成功するまでやり続ける

このタイプは、自分たちのやることの価値を信じ、他からの批判も恐れずに結果を出すことが得意です。

TOP