HOME > BLOG > 徒然なるままに > 「会社」のなくなる日?

「会社」のなくなる日?

先日、ある人・組織系サーベイ会社とのパートナー契約をしようということになり、コトが進んでいたのですが、実は「法人」でないと契約はできないことがわかり、断念しました。

「法人成りしたときに・・・」と担当の方からは声をかけていただいたのですが、実はいまのところ、その気はまったくないのですと、本心をお伝えしました。

そのメッセージを引用します。乱暴な論理構成ではありますが、根っこの想いは表現できているかなと思います。

僕は、自己のキャリア30年間の中で、自分自身のキャリアも大きく

変容しましたが、同時に、ビジネスや社会の環境が激変するのを

目の当たりにしてきました。

この勢いでいけば、日本に、いや世界に、会社という組織はなくなる

かもしれないとも考えています。

僕の理想形は、一人一人が完全に自立(自律)した個人事業者で、

彼らがゆるやかにネットワークを形成して、すべての仕事がプロジェ

クト型で動く社会です。

いわゆるルーチンワークというものもAIをはじめとしたテクノロジーの力が

なくしてくれるでしょう。

となると、独自の経験や知識を持った個人事業者たちの想いと行動が

すべてのビジネス活動の源泉になります。

実は、すでにそのようなものが存在します。僕が個人事業者をやりながら

5月から加入した与贈工房という組織はその実験体です。

雇用や所属という概念がそもそもありません!上記で触れた未来は、実

はすでにあるのです。

当然、イノベーターの活動の裏には、膨大な悩みや葛藤も存在しています。

でも、それはこれまでなかった未来を拓くために不可欠なもの。みな、たの

しんでいます。

長くなりました。これからもどうぞお付き合い(もし、よろしければ)

よろしくお願いします!!

AKI

TOP