HOME > BLOG > 徒然なるままに > 名曲『遥かな友に』誕生70周年 リモート合唱に参加しました。

名曲『遥かな友に』誕生70周年 リモート合唱に参加しました。

大学時代は、ただ、グリークラブ(男声合唱)の活動に明け暮れました。

っていうか、1907年(明治40年) 早稲田大学の校歌「都の西北」が制定され、それを歌ったことに起源を持つという名門クラブの渦中に、

わけもわからず飛び込んでしまったが最後、逃げられなくなってしまった(笑)というのが正しい表現かも。

さて、合唱をやる人なら知らない人はいないだろう名曲『遥かな友に』は、ワセグリ(早稲田大学グリークラブ)の夏合宿中に生まれたもので、7/12で誕生70周年になりました。

それを記念して、OB会によるリモート合唱がリリースされました。僕も参加しています。

前半は、曲をつくられた磯部 俶先生の肉声によるエピソードが語られています。演奏は2分45秒くらいからスタートします。

実は、この曲が生まれたのは、僕の暮らす藤野のすぐ近くの夫婦園だったということを、藤野に移住するまで知りませんでした。

藤野で日頃からお世話になっている大先輩の鈴木清八さん(明治大学グリークラブ昭和40年卒)に「いいところに連れてってやる」と案内いただいたのが2014年夏のことでした。

「はる友」がこんなところで生まれていたなんて!

ところで、昨夜、ワセグリの同期でオンライン飲み会をやったのですが、僕は長らく顔を出していなかったので、久々に再会をたのしみました。

仲間の中にはもう還暦を迎えるメンバーもおり、そのお祝い会でした!!

芸術は長く人生は短し

TOP