HOME > BLOG > サステナブルな道へ > 12/8気候変動の藤野学WSやります

12/8気候変動の藤野学WSやります

左眼6度目の闘病(網膜剥離&黄斑円孔)から復活して、約1ヶ月。無理しないようにケアしながら、おかげさまで徐々にギアを上げています!

まずは、NPO法人ふじの里山くらぶとしてご連絡です。

気候変動の藤野地区に対する影響を調べ、住民で自主的に適応していこうという活動=「気候変動の藤野学」を、法政大学サステナビリティ研究所の支援をいただき、小規模ながら4年間続けてきました。

しかし、はずかしながら、先日の台風19号によって、その怖さを肌で感じるまで、私自身が、あまりジブンゴトとして実感できていなかったことに気がつきました。

私の家は、藤野駅から歩いてすぐの相模湖畔の崖地に立っています。今回は、甲州街道沿いのその崖地の上部の方がなんとも言えない不気味な音とともに崩落して、緊急避難を余儀なくされました。


藤野地区の多くの方々が、たいへんな被害に遭われました。被害に遭われたみなさまに、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

私を含め、このままではいけないと気づいた方々、ぜひ集まって、防災の実際の取り組み事例などを知り、そして、話し合いましょう。

12/8(日)13:00〜15:30、藤野倶楽部「結びの家」にて実施します。多くの方々のご参加をお待ちしています。
https://fujino-satoyama.com/topics/kikouhendou-191208/#contents_in_in

TOP