HOME > BLOG > 組織開発の現場より > 多様性の果実をリアルに手にするために

多様性の果実をリアルに手にするために

「多様性」は、日本の社会や組織で当たり前のキーワードになってきました。

しかし、そこに潜む意識の実態は「(時代的に)しかたがない状況なので、認めねばならない」に近くないでしょうか。

女性は活用しなければならない、外国人労働者は受け入れざるをえない、LGBTは・・・

しかし、多様性は、だれかが「認める」ものではありません。

そもそも、世界の存在が多様なんであって、それは「生かし合う」もの。

私たち与贈工房では、この多様性をテーマに、ガチ対話する場を設けました!https://www.facebook.com/events/433858404110099/

うつろいやすく、ふたしかで、こみ入っていて、あいまいな時代だからこそ、多様性の果実をリアルに手にする方法を一緒に考えてみましょう!!

TOP