HOME > BLOG > 組織開発の現場より > 与贈工房:「アプリシエイティブ・インクワイアリー(AI)」をオンラインで

与贈工房:「アプリシエイティブ・インクワイアリー(AI)」をオンラインで

新たに参画することになった与贈工房の有志十数名にて、Appreciative Inquiry(AI)という組織開発の方法論にトライすることになり、全5回シリーズの昨夜が第1回目でした。

与贈工房はリモート組織ですから、ZOOMを使ったオンラインセッションになります。どうやらこれは世界初とのこと!

日本でAIの第一人者でいらっしゃるMax渡辺さんと香取一昭さんのご支援を得ての実施です。

<右:Max渡辺さん 左:みーこさん(今回のAIプロジェクトのリーダー)>

そもそも、AIって何でしょうか?

これは、個人と組織にポジティブな変化をもたらす方法で「長所、成功、バリュー、希望、夢などに関する問いかけや対話」を活用し、

人や組織が「最善の状態で機能しているとき、それに生命を吹き込んでいるものは何か」について探求していくものです。

私自身は、2014年夏にAIの世界的権威であるダイアナ・ホイットニーさんが来日したときにワンデイ・ワークショップを受けたまま・・・

自分の組織開発支援の中では使うことがなく「ご無沙汰」してしまっていたものなので、改めて、新たなメンバーとともに、学び直し、取り組めることにとてもワクワクしています!

雇用関係や「所属」という概念がなく、基本的にオンラインでのコミュニケーションで成り立つネットワーク体が、このAIで果たして何を発見・探求することになるのでしょうか?

内容については、次回以降レポートしていきますねー(^ ^)

TOP