HOME > BLOG > 創発の現場より > こすげ社協)ミッション・キャンバスが村の広報誌最前面に!

こすげ社協)ミッション・キャンバスが村の広報誌最前面に!

<支援の現場より>のレポートは、ひさしぶりです。

はい、正直言って、ちょっと悪戦苦闘しておりました(笑)!

30年間ずっと企業ビジネスの世界で生きてきた私にとって、初のローカル支援が小菅村。これまでのブログでも書いてきましたが、これまで順調すぎるくらい順調でした。

企業支援と比べても、よりダイナミックかつ俊敏な動きができていました。

「創発」を生む原理は、企業ビジネスだろうが、ローカルのコミュニティであろうが、基本的な部分は変わらないという実感がありました。

が、当然のことながら、普遍的な共通項とともに、「ならでは」の部分もあります。そこに、ぶち当たる経験をしていました。

詳しくは申し上げられないのですが、一言にすれば「キョリを近づけすぎた」ということかと。

あまりにコトが動くので、伴走者という立場よりも、より入れ込む状態になっていた気がします。前ががりというやつですね。

たぶんそのため、一時期、膠着状態みたいに前に進めなくなりました。

昨年末あたりに改めて自分の立ち位置を反省して、伴走者のポジショニングをかなり意識するようにしました。

その結果、メインの支援フィールドである株式会社 源でも、小菅村社会福祉協議会でも、再びいい動きが戻ってきています。

距離感ってむずかしいですねー

 

で、こすげ社協で、事業と組織のありたい姿を定めるワークショップを開始しましたというお話は以前もお伝えしましたが、
https://tongari-team.com/gemba/451/

これが12月に「ミッション・キャンバス」という形で、とうとう仮完成しました!最終回には、こすげ社協会長も兼ねる舩木村長にも入っていただきました。

このアウトプットおよびプロセスにいたく感激された村長が、村の広報誌『広報こすげ』の冒頭に、村長の新年ごあいさつとして、このことを取り上げられました!!こすげ社協のリーダーの方々とともに私もビックリ。

 

詳しくはこの記事をご覧ください。

社協キャンバスの記事(広報こすげ)2019Jan

そして、現在はこの「安心していきいき暮らし続けていける村の”拠り所”へ」の実現を目指して、事業や組織の体制を大胆に見直すべく、次のステップでのワークショップを続けています。

こすげ社協の未来をひらくこの動きが、村の他の主要機関を牽引するくらいになるといいですね!!

TOP