HOME > BLOG > 創発の現場より > 山梨県小菅村(株)源のはじまり物語(3)

山梨県小菅村(株)源のはじまり物語(3)

第3回:あのミーティングは何だったのか?

AKI「ずばり源リーダーズミーティングは何だったのでしょう?」

関口「チーム活動を通して、個人が成長するプロセスでしょうか。それで前向きなものが見えてきて、それが状況を後押しした感じ。ただ集まったからこんなことが起きたわけではないですね」

望月「私の注力ポイントは、ばらばらな人たちをどうまとめるかということでした。その意味では『結び』の場でしたね」

AKI「何と何を結ぶと?」

望月「想いとカタチを結ぶこと。想いをみんなで共有して、それをカタチとして結ぶ。それが典型的に実現したのが、温泉の定休日を1年間に広げるという施策でしょう」

関口「そのようなことを変に消耗しないでやれる場ですよね。削がれる感じの疲れとは違う心地よい疲れというか」

望月「経営陣も、世間的にはこうだとか、自分自身の考え方はこうだとかはありながらも、何が正しい答えなのかはわからないという悩みはあったのでは。そこに、現場のメンバーがみんなで考え抜いたものを持っていったわけだから、それを尊重して安心して決められたように思います」

望月「そんなことは過去20数年の施設の歴史の中では一度もなかったはず。われわれだって俺たちが決めたことだから、責任もってやり抜こうとなります」

 

 

 

TOP